Komonsの成分について

Komonsは、一番のユーザーである私と妻、それと二人の子どもたちに使ってほしいと思える原料しか使いません。
出来る限り植物の力を活かし、コストが安く簡単だからといって安易にケミカルな原料に頼らない。
日本全国の”いいもの”を自分の目で直接見て、商品に取り入れる。
排水された後の生分解性にもこだわり、環境にもやさしいものを。

 

そのこだわりが使う時の「心地よさ」につながると考え、1つ1つの商品を丁寧につくります。

 

例えば、Dish wash(食器用洗剤)やHand wash(ハンドソープ)に配合している「茶の実オイル(ティーシードオイル)」。

 

岐阜県揖斐川町にある通称”天空の茶畑”で、無農薬・自然栽培されているお茶の木から、1つ1つ「お茶の実」を手摘みし、それを天日乾燥、その後丁寧に絞ったオイルです。

 

リノール酸や必須脂肪酸であるオレイン酸などが多く含まれ、高いエリモント効果(保湿効果)のあるこの「茶の実オイル(ティーシードオイル)」を食器用洗剤などに保湿剤として配合しています。

一方、Komonsのすべての商品は着色料、人工香料、鉱物油、シリコン、パラベンを一切使用していません。

 

これは、食器用洗剤やクリーナースプレーなども毎日人の手肌に触れるモノである以上、化粧品並みの安心・安全を求めたいと考えるからです。

「毎日使うからこそ、こだわりたい。」

その感覚を大事にして、Komonsはものづくりを続けていきます。

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook