なぜトイレクリーナーがShelter from the Stormという名前になったのか?

Komonsはちょっと変わった日用品ブランドです。

日用品ではありますが、愛情あまって商品1つ1つに名前をつけています。

 

Dish wash(食器用洗剤)は「Don’t Look Back in Anger」

Fabric mist(除菌消臭ミスト)は「Free as a Bird」

Bathroom cleaner(バスクリーナー)は「What a Wonderful World」

 

すべて洋楽の曲名ですが、なかでもよく聞かれるのが、

「なんでトイレクリーナーが”Shelter from the Storm”(ボブ・ディラン)なの?」という質問です。

 

その秘密は、我が家の朝の風景にあります。

 

私と妻、それに4歳の息子と2歳の娘。

朝はちょっとした”嵐”になります。

朝一からぐずり、妻の足にまとわりつく息子。

気に入らない食べ物があると、朝食のお皿をひっくり返す娘。

時には、兄弟げんかもはじまります。

 

そんな毎朝のバタバタの中、妻にとって唯一、1人になって「ふぅ~」と一息つくタイミングがあります。

そう、「トイレ」です。

 

その時間は、いくらリビングの方が騒がしかろうがなんだろうが、ゆっくりスマホを見ていることもできます。

まさに「子どもたちという嵐から身を守ってくれるシェルター」のよう。

 

そんな大切なトイレの時間を、最高に落ち着く時間にするために、

清潔さと香りで空間を整えるトイレクリーナーを作ろうと考えました。

名前はもちろん”Shelter from the Storm”。

 

我が家だけでなく、皆さんの家のShelter(トイレ)がより良い場所になりますように!

 

この記事をシェアする

  • twitter
  • facebook